アイランドタワークリニックなら傷跡が残る心配はありません!

アイランドタワークリニックなら傷跡が残る心配はありません!

薄毛で悩んでいるときには、増毛やカツラを使用することで手軽に解決できる可能性があると言えます。
しかし、増毛やカツラの問題点としては、手軽に髪の毛が増えているように見せることができるだけで、メンテナンスが大変であったり、根本的に髪の毛を増やせているわけではないという点があります。
増毛以外に薄毛を改善させる方法として注目されているものに、自毛植毛があります。
植毛というと人工毛を使うものをイメージする人が多いかもしれませんが、拒否反応が出るなどのリスクが伴うことも考えられます。
自毛植毛であれば自分の髪の毛を植毛する治療となりますので、拒否反応が出るリスクを避けられるメリットがあります。
自毛植毛のトップシェアを誇っている病院として、アイランドタワークリニックがあり、独自のi-ダイレクト法の自毛植毛手術を受けることができます。
i-ダイレクト法では、1つずつの毛根を機械を使用して採取することで、植毛していく方法となります。
通常の場合では医師の手によって1つずつパンチを使用して毛根の採取が行われますが、i-ダイレクト法であれば機械を使うために、採取を行う作業のスピードを速くできる特徴があります。
さらに、採取を行うときに移植片であるグラフト株を傷つけることなく採取ができる点も大きなメリットであると言えます。
従来までの自毛植毛の手術では、ストリップ法と呼ばれる方法が採用されてきました。
ストリップ法では後頭部の皮膚をメスで切ることによって、植毛の基礎となる毛髪を採取して、手術をした後に縫合する必要性がありました。
そのために多くのドナーを採取することができず、多くのドナーを採取した場合には傷跡が残ってしまう問題が生じます。
ただし、アイランドタワークリニックのi-ダイレクト法であれば、小さな穴を開けてドナーの採取を行うことから、メスを使用することなく自毛植毛の治療を受けられます。
穴は3日ほどで目立たなくなることから、傷跡が残るような心配をする必要もありません。
後頭部から間引きする形でドナーの採取が可能となることから、1回の治療で最大4500グラフトまで採取ができます。
アイランドタワークリニックでは、i-ダイレクト法を導入することによって、多くの移植を短時間で行えることから、患者の体の負担についても大きく軽減させる効果があります。
i-ダイレクト法の治療でドナーの採取を行ったときには、後頭部に腫れが見られることはほとんどなく、出血などの心配もない治療法として認識されています。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!