アイランドタワークリニックの自毛植毛手術はメスを不使用

アイランドタワークリニックの自毛植毛手術はメスを不使用

頭皮が薄くなっているときには、改善方法としてカツラや増毛を選択する人がいると思います。
増毛やカツラでは装着するときの煩わしさや、メンテナンスに手間がかかるなどのデメリットがあることから、植毛を選択する人も増えています。
植毛ではナイロンなどで作られた人工毛を使用するものと、残されている自分の髪の毛を使用する自毛植毛が選択できます。
どのような植毛方法で治療が行われるのかについては、クリニックによって方法が異なるものとなりますので、自分に適した方法を選択することが大切になります。
人工毛の問題点としては、体が異物と判断してしまうことから、拒絶反応が起きやすい点があります。
安全性の面を考えたときには、自分の髪の毛を使う自毛植毛であれば拒絶反応が起きないメリットが得られます。
自毛植毛の手術を行っている病院として、高い評価を受けているところがアイランドタワークリニックです。
自毛植毛の手術方法としては、ニードル法やFUT法などがありますが、アイランドタワークリニックが採用しているi-ダイレクト法はFUE法の一種となります。
FUE法では、くり抜き用の電動パンチを使用して、植毛に使用する毛根をくり抜いて移植する方法です。
FUE法の大きなメリットには、メスを使用しない点を挙げることができて、頭皮を切ることはありませんので必然的に縫合を行わなくても良くなり、その結果として縫合の跡が残る心配がなくなります。
一般的なFUE法であれば、手作業によって毛髪の採取を行うことになりますが、アイランドタワークリニックのi-ダイレクト法であれば機械を使用することから、採取を行うときのスピードが速くなります。
さらに、採取を行う移植片であるグラフト株を傷つけることなく取ることができますので、手作業のときと比較して同じ角度でグラフト株の採取が可能になるメリットがあります。
電動パンチを使用するi-ダイレクト法であれば、グラフト株を綺麗な状態で採取することが可能となることから、無駄な組織が付着していないグラフトを使用して、間隔を詰めて植毛することができます。
一般的な自毛植毛では30%の密度となることが多くなりますが、アイランドタワークリニックでは50%以上の高密度を実現できます。
アイランドタワークリニックでは2000株を超えるグラフト数の移植である、メガセッションが可能となっており、1回の手術で数多くのドナーの採取ができますので、患者にとっての身体の負担を減らせる点も大きなメリットと言えます。

アクセス数の多い増毛・植毛

【ヘアチェック】髪の状態を無料診断
>公式ページを見てみる

【増毛】アデランスの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【増毛】スヴェンソンの無料増毛体験
>公式ページを見てみる

【植毛】アイランドタワークリニック無料相談
>公式ページを見てみる

【植毛】FUERS植毛センターカウンセリング予約
>公式ページを見てみる

当サイト人気の増毛・植毛コンテンツ

増毛or植毛をすると、費用はどれくらいかかる?
増毛vs植毛、デメリットを徹底比較!自分はどちらが向いている?
何本でどこまで埋まる?増毛の場合、植毛の場合…自分に合った本数のめやすを知りたい!
フサフサまで何日?増毛・植毛にかかる日数が知りたい!